トップへ » 当院が選ばれる理由 » 審美歯科 » 【セラミック素材】白く美しい"かぶせもの""つめもの"

【セラミック素材】白く美しい"かぶせもの""つめもの"

歯科用のセラミック素材とは...
白い透明感のある陶器と同じ素材です。
見た目も天然の歯と見間違うほどの鮮やかな表現力があり、強度もあるため機能性としても十分です。本来の歯に一番近い素材と言えます。これらは歯科技工士が、1本1本丁寧に仕上げてきます。

<歯科用セラミックのメリット>
・真っ白な美しい歯から、その人にあった自然な歯まで表現が
・生体親和性が高く、体にやさしく安全である
・表面がツルツルで、汚れが付きづらい
・経年劣化しづらく、変色もしない
・長持ちする

<歯科用セラミックのデメリット>
・健康保険が適応にならない

セラミック1.オールセラミッククラウン
歯科用セラミックを100%使用したかぶせものです。
内部に金属を一切使用していないため、透明感のある自然な色合いにしていきます。長く使用してもほとんど変色することもありません。歯周病などで歯肉が下がっても、差し歯独特の黒いすじが見えないといった特徴もあります。

目立ちやすい前歯に使用することで、白く美しい表情を手に入れることができます。金属アレルギーの心配もなく、どなたにも安心の治療法です。

<オールセラミックのメリット>
・白く美しい歯を手に入れられる
・金属を使用しないため、歯肉の変色や金属の露出などがない
・金属アレルギーの方にもオススメ

<オールセラミックのデメリット>
・健康保険が適応にならない

セラミック2.セラミッククラウン
金属でできた"かぶせもの"の外部を、歯科用セラミックで覆ったかぶせものです。
金属部分は見えないため、見た目もきれいで、変色もほとんどせず、多くの患者さまがよく選択される治療法です。また、強度が高いことも忘れてはならないメリットです。

<セラミッククラウンのメリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない

<セラミッククラウンのデメリット>
・歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない
・健康保険が適応にならない

セラミックインレー3.セラミックインレー
"セラミックインレー"とは、歯科用セラミック製のインレー(つめもの)です。
従来の金属のつめものでは、目立ってしまうことに加え、金属アレルギーの問題も指摘されていました。しかし、白くて透明感のあるセラミックを金属の代わりにつめることで、それらの問題をクリアすることができました。

 

トップへ » 当院が選ばれる理由 » 審美歯科 » 【セラミック素材】白く美しい"かぶせもの""つめもの"


コールバック予約