トップへ » 当院が選ばれる理由 » 矯正歯科 » 当クリニックの矯正治療の特徴

当クリニックの矯正治療の特徴

マルチブラケット一般的な矯正装置~マルチブラケット
歯の表面に装置(ブラケット)を付けて、ワイヤーとゴムを使って歯を動かす方法です。これは、一般的によくイメージされるものだと思います。

歯と装置(ブラケット)は接着剤で固定をしますが、矯正が終了したら除去します。以前は、金属製の装置が当たり前でしたが、現在は透明な装置が主流となっています。また、ライフデンタルクリニックでは、ゴールドのワイヤーを使用しています。通常の銀色ワイヤーに比べ、目立ちにくいのが特徴です。

ワイヤーを止めるゴムも通常通りの透明色がありますが、他にもピンクや緑などカラーゴムも用意しております。矯正治療は、歯並びが悪いという病気を抱えているというネガティブな価値観ではなく、積極的に美しく健康的になろうとしているポジティブな価値観を持って行っていただきたいと思っています。


裏側からの矯正装置~リンガルブラケット
歯の裏面に装置を付けることで、前から見えないようにする方法です。基本的には、見えないのでどうしても装置を表面に付けるのに抵抗がある場合に選べます。

マルチブラケットと比較して、矯正期間が1.5倍程度になってしまいます。それに伴い、料金もかかります。また、内側に装置があるため、食事障害・発音障害が起こるため、マルチブラケットと比較して違和感は大きくなります。

場合によっては、上の歯はリンガルブラケット、下の歯はマルチブラケットとコンビネーションができます。

インビザライン透明の矯正装置~インビザライン
マウスピースタイプの矯正装置です。
食事と歯を磨くときなどは、はずすことができるためブラケットを使う方法よりも目立ちません。基本的には、2週間毎にマウスピースを作り替えて使用していただきます。

この装置の場合、使用していただいた時間の分だけ歯は動くので極力使用してもらいます。マルチブラケット法より、矯正期間は長くかかります。また、この方法は条件が限られているため、担当医にお問い合わせください。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 矯正歯科 » 当クリニックの矯正治療の特徴


コールバック予約