トップへ » 当院が選ばれる理由 » 治療後のお知らせ » 抜歯後のご注意

抜歯後のご注意

傷が治るまで物語り

傷が治るまで物語り

ポイント

かさぶたが綺麗に出来るかどうか!

そのためには!

1.かさぶたが取れないように、あまり刺激しない。
かさぶたが完成するまで、激しくうがいをしたりハブラシで磨かないようにする。

2.かさぶたが出来るように、出血のコントロールをする。
出血が無くても駄目です。例えば、患部を冷やしたりすることで、かさぶたの量が少なくなります。また、体温が上がってしまい、血行が良すぎても駄目です。例えば、患部を温めたり、運動したりお酒を飲んだり、お風呂に入って身体を温めたりして、ダラダラ出血が続くと、かさぶたが出来づらいです。

3.2次感染を気をつける。
処方された抗生物質を正しく飲むことで、感染を予防することが出来ます。

抜歯後には・・・

1.抜歯した穴に食べ物が入ることがあります。
穴は底の部分から治っていきます。食べ物が入ったまま傷が塞がってしまうことはないので、心配ありません。ようじ等でつついたりしないで下さい。

2.体調により、こぶし大に貼れることがあります。また、青あざのようになることもあります。
これらは1週間程度で自然に治癒します。

3.口が開きづらくなることがあります。
抗生物質と一緒に消炎鎮痛剤を飲んで下さい。1週間程度で治ります。

4.消炎鎮痛剤を飲んでいてもヒリヒリする、1週間以上痛みが続く。
スタッフまでお知らせ下さい。治癒不全の可能性がありますので、適切な処置を致します。

5.まれに麻痺が起きる場合があります。
まずスタッフまでお知らせ下さい。すぐに対処することで、数ヶ月で治ります。

抜歯後のご注意

 


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 治療後のお知らせ » 抜歯後のご注意


コールバック予約