2010年4月26日 « トップへ » 2010年8月11日

2010年8月10日

受付

受付

ご予約の相談はもちろん、治療中の疑問・質問なども承っております。どうぞお気軽にお尋ねください。また、隣には歯ブラシなどのデンタルグッズを販売しております。虫歯予防に役立ててください。
 

カウンセリングルーム

カウンセリングルーム

患者さまとしっかり相談をするための部屋です。治療の説明や一緒に治療計画書の製作をします。
 

治療用ユニット

治療用ユニット

人間工学にもとづいた最新式のユニットをご用意しました。シッカリと身体全体を包みこみ、長い時間持たれかけていても、まったく疲れません。ぜひ、座り心地を体験しにきてください。
 

ケアルーム/ 特別診療室

ケアルーム

特別診療室

予防歯科専用の部屋がこのケアルームです。プライバシーに配慮し、リラックスしながらクリーニングなどが受けられます(ケアルーム)。
治療時間が長くなるような特別な治療の際に、より快適に受けられるよう設備をそろえている完全個室の診療室です(特別診療室)。
 

待合室

待合室

広々とした空間にゆったりとしたソファと設置。待ち時間のあいだも、くつろぎながらお待ちいただけます。また、ウォーターサーバもご用意いたしましたので、どうぞご自由にお飲みください。
 

キッズルーム

キッズルーム

お子さまが喜ぶおもちゃや絵本を集めた専用の部屋をご用意。"子供がいるので歯医者に行けない"という方でも、診療中はキッズスペースでお子さまを遊ばせて、安心して治療を受けることができます。一人でも楽しめるような設計をしているので、ご安心ください。もし一人で遊ばせることが不安であれば、予約時にスタッフにお尋ねください。


また、治療を受けるお子さまのなかには、キッズスペースで遊ぶことを楽しみに歯医者に通ってくれる子もいるほど。クリニックにキッズスペースがあるだけで、お母さん・お父さんの負担が大きく減ります。
 

化粧室

化粧室

滅菌・消毒を徹底し、いつもクリーンな状態に保たれています。大きめ鏡をご用意しましたので、診療のあとの化粧直しや身だしなみのチェックにもご利用ください。
 

デジタルレントゲン

デジタルレントゲン被爆量は従来の約1/5程度。また、デジタル操作により撮影画像をその場で確認・チェックできるので、診療時間の短縮にもつながります。

感染対策

感染対策当院で使用するコップやエプロンは、可能な限りディスポーサブル(使い捨て)。ミラーやピンセットは、滅菌パックに入れて、患者さまの前で開封いたします。他にも各種滅菌機器を取り揃え、どなたでも安心して治療を受けられるよう、感染対策に万全を期しています。
 

院内クリーン対策

口腔外バキューム◆口腔外バキューム
治療で出る削りカス・血液をその場で吸収。診療室内の空気をクリーンに保ちます。

 
エアークリーン◆エアークリーン
医療用の大型空気清浄機です。治療で出るチリ・空気中の細菌を取り除き、空気感染を防ぎます。
 

設備・アイテム

電動麻酔◆電動麻酔
麻酔時の痛みをほぼなくせる装置です。麻酔時の不快感は、おもに麻酔液注入時の圧力によるものです。そこで機械で圧力を一定にすることで、何の不快感もなく麻酔液を注入することができます。

 
エアーフロー◆エアーフロー
強力な着色や細かな汚れ、たばこのヤニなどを綺麗にする最新装置です。

 
高周波治療器◆高周波治療器
根の治療、歯周病の治療、電気メス、メラニン除去や口内炎の治療も行える医療器具です。

 
インプラントキット◆インプラントキット
インプラントの埋入に使用するキットです。

多くの方に納得のいく治療を受けていただいております

チームによるコラボレートが、1+1=∞を生むライフデンタルクリニックの一番の強みは、
何が患者さんにとって、本当の利益になるのかを考え、実行していることです。

従来のようなドクターによる一方的な治療を行っていません。
患者さんが治療の詳細をしらないということでは、治療の意味がないと私は考えています。
治療にも取扱説明書を付ける必要があると思うのです。
どのように治療するのか、どのように手入れをするのかを理解するべきなのです。

もっとも患者さんの利益につながるのは、
自分自身でいろいろな治療法のメリット・デメリットを考えた上で選択をしてもらい、
私たちがその治療を最高のレベルで提供をする
ことだと考えています。
自分で選択した治療のメリット・デメリットを理解していただくことで、
治療後にも注意すべき事やメンテナンス・定期検診に対する考え方が変わります。
どんな治療や素材にも、メリット・デメリットはあります。
それによって、その後のケアや将来お口の中がどうなっていくのかが左右されるます。
これらをご理解いただいた上で、納得した治療を受けて欲しいとライフデンタルクリニックは考えています。

また、患者さんそれぞれの価値観に合わせた治療というのもカスタマイズ出来るのです。
例えば美しさを求めるのか、機能性を求めるのか、健康を求めるのか、それぞれによって治療法は異なってくるのです。

これらを円滑に実行できるようにライフデンタルクリニックでは、
患者さんが納得できるまで相談できるような環境最高の治療を提供できるスキルを持っています。
一緒に治療プランを考えてくれる専門知識を持ったコーディネーターが、納得できる選択が出来るようにサポートします。
専門知識を持った歯科衛生士やドクターがあなたに合わせた最高の治療を提供できます。

ぜひ、あなた自身で納得のいく満足できる歯科治療を受けてください。

【当クリニックのコンセプト】あなたに合った健康的で楽しいライフ(生活)をサポートします

あなたに合った健康的で楽しいライフ(生活)をサポートしますこのような想いから「ライフデンタルクリニック」と医院名を決めました。
ただ治療をするだけではなく、健康的で楽しく生活をサポートするための歯科治療を心がけております。

当医院では、クリニカルコーディネーターがあなたのライフスタイルに合わせた治療プランを一緒にお作りいたします。
しっかりとした情報提供を行い、患者さまが自分の意志で選択をする(インフォームドコンセント)を行っております。

まず現在のお口の状態を拝見させていただいきます。
その後、ドクターから現在の状態や問題点をご説明させていただきます。
どのような治療法があるのかをメリット・デメリットを含めお話しします。
ここで患者様は自分のはに対して考えていただけると思います。

たとえば、
・せっかく治すなら全部きちんと治したい
・見えるところはキレイにしたい
・奥歯でしっかり噛めるようになりたい
・もう痛い思いをしないでいいように根本から治したい

クリニカルコーディネーターは、あなたのどのようになりたいのかという希望をお聞きします。
そして、あなたにあった治療プランを一緒に考えていきます。
健康的で楽しい生活を送るためのお手伝いをいたします。

「虫歯を治療すること」が目的ではありません

「虫歯を治療すること」が目的ではありません「治療後、よく噛めるようにする」「治療したことで楽しく生活ができる」という目的のために、治療をするのです。

「治療したのにすぐに調子が悪くなってしまった......」
「1年に1回は歯が痛くなってしまう......」
このようなことがないようにライフデンタルクリニックは患者さまの生活と気持ちに寄り添っていきたいと思っています。

ですから、単純に虫歯を治したいという事ではなく、治療をした後にどのようになりたいのかをぜひ考えていただく事がご本人にとってとてもメリットにつながるのです。

「治療に対するご希望」「どんな口元になりたいのか」「治療への不安」
ライフデンタルクリニックでは、あなたのご要望を受け止める場所とスタッフをご用意しています。
患者さまが健康的な楽しい生活を送れるようにサポートして、それを実現していくことをお約束します。

治療をこなすのではなく、口元をプロディースする

治療をこなすのではなく、口元をプロディースするこれからの歯医者は、ただ淡々と治療をこなしていくのではなく、口元をプロデュースするチカラが必要だと思っています。ここでいう治療とは、あくまでマイナスの状態からゼロに戻す行為です。そうではなく、患者さま一人ひとりの魅力を引き出すための"演出"が必要だと思っています。

たとえば前歯がたった1ミリ長くなるだけで、顔の印象は大きく変わります。こうしたことを歯科医師は常に意識し、口元の美しさや、ひいては顔全体の美しさも考慮した歯科治療をご提案することが大切なのではないでしょうか。

実は数年前、私も前歯を治療した経験があるのです。そのとき、治療してくれた先生が提案してくれたのは"かっこいいイタリア人風の口元"。治療のことだけを考えていては、絶対に出てこない発想ですよね。その結果、自分でも驚いてしまうくらい口元がスマートになり、以前にも増して人前でも堂々としゃべれるようになりました。

これからの歯科治療に求められるのは、プロデュースという治療。"歯のことで悩んでいてコンプレックスを持っている"という方、ぜひ一度ご相談ください。

プロフィール

プロフィールライフデンタルクリニック/院長/富施博介

1995年私立獨協高等学校卒業後、日本歯科大学入学
2000年日本歯科大学卒業すぐに臨床の場で患者に接したいと思い、開業医の門を叩く。
先輩の紹介で横浜の歯科医院に勤める。後に、開業するまで6年以上勤務する事になる。
2002年~横浜の歯科医院をメインにして、埼玉・千葉・東京の歯科医院に非常勤として勤務する。2005年更に技術を磨くため、東京SJCD(※)のレギュラーコースを受ける。
2006年~コースを無事に修了し、臨床に役立てる。
2007年10月ライフデンタルクリニック開業。

SJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)とは日本最大のスタディーグループで、臨床における最先端・最高峰の医療を追求するグループです。個人のグループとしては世界最大になります。山崎長朗先生を最高顧問として、世界でも高い評価を受けております。

実際の臨床において、独学では限界を感じて最高の技術、世界標準を学びたくてこのグループに入り、技術的にも学術的にも自分を高めることができたと思います。

【全顎(フルマウス)治療】お口の中のリフォーム

【全顎(フルマウス)治療】お口の中のリフォーム

"虫歯・歯周病で口の中がボロボロ......""歯周病で咬み合わせが変化してよく咬むことができない"こんなお口全体のトラブルでお悩みの方はいませんか。そんなお口の状態の方にオススメなのが、口の中をトータルで治療する全顎(フルマウス)治療とよばれる治療です。

このページでは、全顎(フルマウス)治療についてご紹介します。

全顎(フルマウス)治療とは?
全顎(フルマウス)治療のメリットとは?

 

全顎(フルマウス)治療とは?

全顎(フルマウス)治療とは?全顎治療とは、ひとことでいうと"お口全体のトータル治療"です。虫歯・歯周病で崩壊してしまった歯・咬み合わせを、インプラント・矯正治療・審美歯科治療など複合的な方法を組み合わせながら治療をおこないます。

その場限りの症状や苦痛を減らすことを目的とする"対症療法"ではなく、症状の原因そのものを改善する根本的な治療といえます。

たとえば家を想像してみてください。そもそも家の柱が傾いている場合、どんなに美しくリフォームしても、結局数年後には倒れてしまいますよね?これに対して、全顎治療では傾いた家を土台から整え、生涯にわたって安定できるような抜本的な処置を施します。
 

全顎(フルマウス)治療のメリットとは?

全顎(フルマウス)治療のメリットとは?抜本的な治療をおこなうことで、虫歯・歯周病の再発リスクが減り、何度も歯科医院へと通院する必要もなくなります。また、長期的なスパンで考えたとき、治療費の負担が少なくなるといったメリットもあります。自分の歯を最大限に残す事にもつながる、将来を見据えた治療であるといえるでしょう。

くわえて、バランスの取れた咬み合わせをつくることで、肩こり、腰痛、頭痛などが改善できる場合もあります。

<全顎(フルマウス)治療のメリット>
・生涯にわたって、虫歯・歯周病を予防できる
→生涯の通院回数を減らせる

・ バランスのよい咬み合わせができるので、歯にかかる負担をコントロールする事ができる。
→歯のトラブルが少なくなる。

・ 自分の歯を最大限残す事ができる。
→しっかりかめる、健康的である。

・ 歯の形態やイメージを大きく変える事ができる。
→審美性を追求できる。

・ 定期的にクリーニングやチェックを行うだけで、健康的な状態を維持しやすい。
→今後はメインテナンスだけで気持ちよく歯医者に通える。

いびきで悩んでいる方はいませんか?

いびきで悩んでいる方はいませんか?家族や周りの人から"いびきがうるさい"といわれた経験はありませんか?いびきをかいていると眠りが浅くなり、日中の眠気となります。その結果、仕事の能率低下や居眠り事故など、社会生活にさまざまな支障をきたしてしまう方も少なくありません。

このページでは当院のいびき治療についてご紹介します。

ひどい「いびき」は、睡眠時呼吸症候群(SAS)の可能性も
「睡眠時呼吸症候群(SAS)」の原因とは?
睡眠中に装着するだけ。マウスピースを使った"いびき治療"
いびき治療の流れ

 

ひどい「いびき」は、睡眠時呼吸症候群(SAS)の可能性も

ひどい「いびき」は、睡眠時呼吸症候群(SAS)の可能性もいびきがひどい方は"睡眠時呼吸症候群(SAS)"の症状も疑われます。SASとは、寝ている間に何回も10秒以上呼吸が止まってしまう状態。長期にわたっていびきをかいていたり、無呼吸がつづくと、糖尿病や脳卒中の原因になることがあります。

このSASがある方は、ない方に比べて高血圧で2倍、糖尿病、脳卒中になる確率が4倍である、予後生命も短いという報告もあります。"いびき"はまさに、自分で自分の首を絞めている状態。一刻も早く治療を始めることをおすすめします。
 

「睡眠時呼吸症候群(SAS)」の原因とは?

 「睡眠時呼吸症候群(SAS)」の原因とは?メカニズムとしては、下あごに対して舌が大きい方が、気道を閉鎖してしまい発症します。BMI値25以上の方や、やせている方でも下あごが小さい、逆に舌が大きい方は要注意です。現時点で日本の潜在罹患数は400万人とも言われています。
 

睡眠中に装着するだけ。マウスピースを使った"いびき治療"

スリープスプリントとは、寝るときに下のあごを前方に固定するように工夫されたマウスピースのこと。睡眠中に装着することで、気道(空気の通り道)が広がり、いびきや無呼吸、低呼吸の症状が改善します。

スリープスプリントは手軽に装着できるマウスピースなので、手術といった大掛かりな処理が必要ありません。また、持ち運びもできるので、出張や旅行に携帯することができるのも大きな特徴です。

スリープスプリント"眠りが浅い""日中、突然の眠気に襲われる"という悩みをお持ちの方、ぜひ一度当クリニックまでご相談ください。同じビル内にある耳鼻科の先生と連携しながら、精度の高いいびき治療をご提案します。
 

>>すずき耳鼻咽喉科クリニック

いびき治療の流れ

まず、問診と口腔内の診査を行います。SASの疑いがあれば、併設する"いびき外来すずき耳鼻咽喉科クリニック"に紹介をして、精密検査を行います。

ここで、スリープスプリントなどのマウスピース療法が適応となると、ライフデンタルクリニックでスリープスプリントの作成を行います。

いびき治療の流れ注意事項として、スリープスプリントは歯の形態に合わせて作る必要があるので、事前のチェックが必要です。歯石が多く付着しており、歯の形態が変わってしまっている方は、歯のクリーニングを前もって行いましょう。目安としては、3ヶ月以上、歯のクリーニングをされていない方はチェックを受けるようにしてください。

また、放置してある虫歯など治療が必要な場合も、前もって治療をするようにしましょう。

【インプラント】限りなく天然の歯に近い治療方法

【インプラント】限りなく天然の歯に近い治療方法

インプラントとは、抜けた歯の代わりに生体親和性の高い純チタン製の人工歯根を代用する技術です。従来のブリッジや入れ歯に変わる新しい治療法として注目されています。

このページではインプラントについてご紹介します。

インプラントのメリット・デメリット
インプラント手術について教えてください
インプラント治療の流れを教えてください
インプラントのケアと保証について教えてください
インプラントのトラブルについて教えてください

 

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット・デメリット<メリット>
・1本から治療は可能
・自分の歯と同じ感覚である
・適応年齢の上限はなく、成人以上であれば治療ができる

◆ブリッジに比べて
・両隣の歯を削る必要がない
・歯に対する負担が軽減する
・長持ちする

◆入れ歯に比べて
・しっかり噛むことができる
・ワイヤーがなく違和感がほとんどない
・総入れ歯の方でも、インプラント治療を応用できる
・審美性に優れている
・取り外す必要がない

<デメリット>
・健康保険治療が適応されない
・骨の状態により、治療が行えない場合がある
・治癒期間が数か月かかる
・糖尿病や高血圧などの疾患のある方や、喫煙されている方は、手術を行えない場合がある

最近、よく耳にするようになった治療法ですが、すでに40年以上の歴史があります。この治療法を考案したのが、医者であるドイツのブローネンマルク博士です。最新のインプラント技術は非常に進化をしており、とくにここ数年の進歩は飛躍的です。

たとえば、十分な骨の厚みがなくても、"骨を増やす手術"を行うことで、インプラント治療が可能になります。

これらのいくつかの手術を組み合わせることで、適応症が広がっているのです。上記のデメリットも、技術進歩に伴い改善もされてきています。

まずは、担当医にインプラント治療が可能かどうか診断してもらってください。適切な診断・説明を受け、インプラント治療への認識を深めましょう。
 

インプラント手術について教えてください

インプラント手術について教えてくださいインプラント手術は、局部麻酔にて行います。1本の治療では1時間半程度で終わるため、日帰りで行えます。

◆手術後について術後、下のような症状が出ることがあります。
・腫れる
・痛い
・出血する
・麻痺する
・青アザができる

これらは、手術後に処方される鎮痛剤や抗生物質を服用することにより、数日で改善されます。
 

インプラント治療の流れを教えてください

インプラント治療の流れを教えてください診査・診断
・レントゲンやCT、歯の模型などをとり必要な資料を集めます。
・歯周病や全身の既往歴(糖尿病や心臓病、高血圧など)を確認します。
下へ

手術の確認
・インプラントを埋入の治療計画についてご相談をします。
下へ

インプラント手術
・インプラントを埋入し、傷口を縫合します。
下へ

術後
・翌日に消毒を、7~10日後に抜糸を行います。
下へ

経過観察
・インプラントと骨が結合するまで、2~6か月の治癒期間を設けます。
下へ

型どりと差し歯のセット
・数回の治療で最終的な差し歯のセットを行います。
 

インプラントのケアと保証について教えてください

インプラントのケアと保証について教えてくださいインプラント体は純チタン製であるため、虫歯になったり壊れたり変形することは、ほとんどありません。しかし、ケアを怠ってしまうと、周囲の骨や歯肉の影響により動揺したり、脱落してしまうことがあります。これは通常の歯周病と同じ現象です。

ライフデンタルクリニックでは、インプラント治療に対して2年間の保証を約束しております。この期間中に脱落してしまった場合は、基本的に無料で再治療などを行います。差し歯(クラウン)に関しての保証は、通常通りの保証内容となっております。
 

インプラントのトラブルについて教えてください

インプラントのトラブルについて教えてください近年の医療技術の進歩により、成功率は高くなっております。しかし、残念ながらインプラント治療の成功率は、100%ではありません。

また、虫歯の治療などにおいても100%成功する治療は、存在しません。大切なのは、しっかり診断を行い適切な処置を行うことです。それでもトラブルが出た場合は、迅速に対応することが大切です。

インプラント治療にリスクがある場合は、十分に説明を行います。場合によっては、お断りするケースもございます。また、禁煙などを強く勧めるケースもございます。

インプラント治療におけるメリットは、非常に大きいものです。インプラントで快適な生活を送っていただくためにも、正しい知識の提供、処置、対応を行います。最終的な決断をするのは、患者さま自身です。まずはインプラント診断を行い、その結果をもとに相談をして、正しい決断をしてください。

知っていますか?矯正治療の重要性

知っていますか?矯正治療の重要性
矯正治療とは、悪い歯並びや咬み合わせを、きちんと咬み合うようにしてきれいな歯並びにする歯科治療です。歯が不揃いだったり、きちんと咬み合わない状態をそのままにしておくと、さまざまなデメリットがあります。

・歯磨きが難しく、汚れがたまりやすい
・虫歯になりやすい
・歯周病になりやすい
・口臭の原因になる
・食べ物がよく噛めない
・顎の関節に負担をかける
・歯を折ったり、怪我をしやすい
・言葉が明瞭でなくなる

咬み合わせの問題は、専門的に見ないとわからないことも多く、ある日突然、歯がグラグラしてくるなど問題が潜在している場合もあります。

たとえば家を想像してみてください。家の柱がゆがんでいたのでは、いくら上にいいものを立てても、ちょっとした負担で少しずつ悪化してしまい、ついには倒れてしまうでしょう?

実は、このメカニズムによって、虫歯、知覚過敏になりやすかったり、歯の神経をとったりというような事態になり、歯にとっては大きなストレスであることがわかってきました。また、口が開きづらくなる、顎が痛くなる顎関節症も咬み合わせが大きく関わっています。

口の中をトータルに診ることが大切
そうならないためには、お口の中をトータル的に見ることが必要なのですが、現在まで多くの歯科の現場では、痛い歯だけ問題のあるところだけの治療で終了してしまい、潜在的問題は見過ごされていました。

これでは、まさに"木を見て森を見ず"です。矯正治療により咬み合わせをしっかりと確立することは、健康にとってとても大事なことなのです。よく噛めると言うことは、消化器官への負担も少なくなります。

長生きをされている方の口腔状態を調査したレポートでは、ご自身の歯が多く残っており、かつ歯並びが綺麗な方が多いという結果も出ています。咬み合わせは、健康と密接した関わりをもっているのです。

当クリニックの矯正治療の特徴

マルチブラケット一般的な矯正装置~マルチブラケット
歯の表面に装置(ブラケット)を付けて、ワイヤーとゴムを使って歯を動かす方法です。これは、一般的によくイメージされるものだと思います。

歯と装置(ブラケット)は接着剤で固定をしますが、矯正が終了したら除去します。以前は、金属製の装置が当たり前でしたが、現在は透明な装置が主流となっています。また、ライフデンタルクリニックでは、ゴールドのワイヤーを使用しています。通常の銀色ワイヤーに比べ、目立ちにくいのが特徴です。

ワイヤーを止めるゴムも通常通りの透明色がありますが、他にもピンクや緑などカラーゴムも用意しております。矯正治療は、歯並びが悪いという病気を抱えているというネガティブな価値観ではなく、積極的に美しく健康的になろうとしているポジティブな価値観を持って行っていただきたいと思っています。


裏側からの矯正装置~リンガルブラケット
歯の裏面に装置を付けることで、前から見えないようにする方法です。基本的には、見えないのでどうしても装置を表面に付けるのに抵抗がある場合に選べます。

マルチブラケットと比較して、矯正期間が1.5倍程度になってしまいます。それに伴い、料金もかかります。また、内側に装置があるため、食事障害・発音障害が起こるため、マルチブラケットと比較して違和感は大きくなります。

場合によっては、上の歯はリンガルブラケット、下の歯はマルチブラケットとコンビネーションができます。

インビザライン透明の矯正装置~インビザライン
マウスピースタイプの矯正装置です。
食事と歯を磨くときなどは、はずすことができるためブラケットを使う方法よりも目立ちません。基本的には、2週間毎にマウスピースを作り替えて使用していただきます。

この装置の場合、使用していただいた時間の分だけ歯は動くので極力使用してもらいます。マルチブラケット法より、矯正期間は長くかかります。また、この方法は条件が限られているため、担当医にお問い合わせください。

歯周病とは何ですか?

歯周病とは何ですか?

歯周病は歯をささえる骨や歯肉の病気です。

歯周病は、歯の土台である歯槽骨がだんだん無くなっていき、ついには歯が抜けてしまう怖い病気です。たとえば家を想像してみてください。家も土台が悪いとぐらぐらして、ついには倒れてしまうでしょう?このメカニズムは歯周病も同じです。

近年の厚生労働省の調査では、成人の約7割が歯周病にかかっているという結果が報告されています。歯周病の症状は、最初はこれといった症状はほとんどなく、末期に近くなって症状が現れるため、このときには既に手遅れの場合がほとんどです。

歯周病の治療方法について教えてください

歯周病の治療方法について教えてください歯周病の治療は、実はとてもシンプル。
まずは、しっかりとしたプラークコントロールを覚えること。
そして、原因菌が潜んでいる歯石などを完全に除去することで改善できます。

プラークコントロールとは、正しい歯磨きを行い、歯の汚れ(=プラーク)を除去すること。
これは、担当の歯科衛生士が患者さんのお口の状態に合わせて指導することが出来ます。
たとえば歯ブラシだけではなくて、デンタルフロスや歯間ブラシ、音波歯ブラシなどの使い方も指導します。
このプラークコントロールをマスターすると、出血しない引き締まった綺麗な歯肉の状態に改善します。

歯石は歯ブラシでは落とすことができません。
しっかりプラークコントロールが出来るようになったら、すでに付いている歯石除去をしましょう。
こうすれば、歯周病の原因も解決できます。

ライフデンタルクリニックでは、患者さん1人1人に合わせて担当衛生士が付きます。
歯周病になるリスク判定やプラークコントロールの指導などをきめ細かく行います。
また治療後のメンテナンスも、ずっとチェックさせていただくようにしております。



幅広い歯周病治療メニュー

・スケーリング
スケーリングとは、歯表面の歯垢・歯石などを除去し、表面を滑らかにする治療方法です。歯石の表面はザラザラしているためプラークが付きやすく、付着したプラークが落ちにくくなります。歯石は一度取ってもしばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院で取ってもらう必要があります。

初期の歯周病であれば、歯石を取ることでプラークが付きにくい状態になり、大きく改善できます。

【ケース】
歯周病

歯周病

歯周病

・歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯肉に麻酔をして、歯周ポケットの中の歯石や歯垢を除去する手術です。歯周ポケットの深さが3~5mm程度の比較的軽症の場合に行います。

【ケース】
歯周病

歯周病

・フラップ法(Fop)
歯肉(歯肉)を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石の除去、歯槽骨の清掃、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去して歯肉を元の状態に戻します。

・歯肉トリートメント
専用のアロマに香りがする薬剤を用いて、歯肉マッサージを行います。歯肉の血行が良くなり、唾液分泌促進効果があるため、免疫力が高まります。

歯の審美歯科とは?

歯の審美歯科とは?
"笑うと銀歯が見えて気になる"
"歯の形や歯肉の色が気になる"
"笑顔に自信を持ちたい"
このような悩みを抱えている方はいませんか?

そんな方にオススメなのが"審美歯科治療"です。
審美歯科とは、歯の白さや、歯並びといった美しさにも焦点を当てた歯科医療のこと。
目指すものは"機能美"です。

このような感覚的なものにも、しっかりとした理論と科学が存在しています。
笑ったときに見える歯は、どのくらい見えると美しいのかなどを診断することで導きだせるのです。
例えば、歯を1mm長くした方がいいのか、後ろに引っ込めた方がいいのかで大きく変わります。
これを模型上でシミュレーションをして、美しい口元を演出することができます。

【ケース】
前歯のすき間が気になるという方に施した治療です。
治療前

まず最初に模型上でシミュレーションをしました。
シミュレーション

いくつかの治療プランを提案して、ホワイトニングとプラスティックの治療をすることになりました。
治療後

【ケース】
矯正治療、ホワイトニング、セラミックを組み合わせた治療です。

Slideshare abe from lifedental

このページでは当クリニックの審美歯科メニューについてご紹介します。

<当クリニックの審美歯科治療の特徴>
美しい歯を長持ちさせるために

<当クリニックの審美歯科メニュー>
【矯正治療】美しい歯並びを
【ホワイトニング】手軽に白い歯になれる
【セラミック素材】白く美しい"かぶせもの""つめもの"
【ハイブリッドセラミック素材】白い"かぶせもの""つめもの"
【ラミネートベニア】歯の"ネイルチップ"

 

【当クリニックの審美歯科の特徴】美しい歯を長持ちさせるために

美しい歯を長持ちさせるためにつめもの・かぶせものは靴と同じです。
合わないまま使い続けると、歯肉や他の歯に余計な負担をかけてしまいます。

そこで当クリニックでは、プロビジョナルレストレーションという治療を行います。
この治療は、審美歯科において必要不可欠なものです。

治療法としては、プロビジョナルクラウンと呼ばれる治療用のプラスチック素材の仮歯をつけてます。
最終の歯が入るまでに歯の形態や咬み合わせなどの審美性、機能性の確認、神経筋機能の調和を目指します。
歯肉の状態も整え、治療の精度を高めることで、確実な治療を行うことができます。

歯の形態や大まかな色をあらかじめチェックするため、"最終的な歯の形態が合わない・イメージと異なる"といったトラブルも起こりません。

【ケース】
前歯をより明るくキレイにしたいという方に施した治療です。
審美歯科

まずは診断を行いました。
歯を全体的に明るくすることと、左上前歯をオールセラミックに換えます。
最初はホワイトニングです。
審美歯科

そして歯を削ってプロビジョナルクラウンを装着します。
審美歯科

この状態で患者さんに形などをチェックしてもらいます。
審美歯科

問題なければ、最終的な型どりをしてオールセラミックを装着です。
審美歯科

 

<当クリニックの審美歯科メニュー>

【ホワイトニング】手軽に白い歯になれる

【ホワイトニング】手軽に白い歯になれるホワイトニングとは"歯を傷つけずに白くする方法"です。歯を削ったり、痛める心配がないので、天然歯の色調を改善したい場合に第一選択となります。歯を漂白するのではなく、歯にしみこんだ色素を分解して、本来の歯の透明感をひきだす方法です。

従来の治療法では、歯を白くするには削ってかぶせものにするなど、綺麗になる代償として歯を傷つけてしまうという問題がありました。

しかし、ホワイトニングでは、歯の表面に過酸化水素や過酸化尿素を成分とした薬を使用し、歯を傷つけることなく白くすることが可能です。この薬は従来、歯肉の消毒用として用いられた中で、歯を漂白する作用もあることが発見され研究をされてきたため、人体に対しての影響はありません。

手軽に歯を白くできるので、結婚式を間近に控えた方や、就職活動中の学生さん、そのほか大切なイベントのために、ホワイトニングを受ける方も増えています。

【ケース】
ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニング

<ホワイトニングの特徴>
・歯を傷つけずに白くできる
・安全(アレルギーがある方や、若年者、妊婦の方は控えさせていただく場合があります)
・手軽に白い歯を手に入れられる(オフィスホワイトニングは1時間×2回、ホームホワイトニングであれば2週間が最初の目安になります)

<注意点>
・保険適応にならない
・神経がない歯や、つめもの、被せ物の色は変わらない
・施術中、まれに刺激がある(施術中は鎮痛剤を服用してもらいます。またこの刺激は24時間で消失します)
・施術後、24時間は食事制限がある(施術直後は、着色しやすい状態ですので、漂白効果を最大限だすために濃い色の食事を控えてもらいます)
・数ヶ月すると徐々に再着色をしてくる(食事をすることで、再び着色をしてしまいます。その場合、少しホワイトニングを行えば白さをキープする事ができます)
 

【セラミック素材】白く美しい"かぶせもの""つめもの"

歯科用のセラミック素材とは...
白い透明感のある陶器と同じ素材です。
見た目も天然の歯と見間違うほどの鮮やかな表現力があり、強度もあるため機能性としても十分です。本来の歯に一番近い素材と言えます。これらは歯科技工士が、1本1本丁寧に仕上げてきます。

<歯科用セラミックのメリット>
・真っ白な美しい歯から、その人にあった自然な歯まで表現が
・生体親和性が高く、体にやさしく安全である
・表面がツルツルで、汚れが付きづらい
・経年劣化しづらく、変色もしない
・長持ちする

<歯科用セラミックのデメリット>
・健康保険が適応にならない

セラミック1.オールセラミッククラウン
歯科用セラミックを100%使用したかぶせものです。
内部に金属を一切使用していないため、透明感のある自然な色合いにしていきます。長く使用してもほとんど変色することもありません。歯周病などで歯肉が下がっても、差し歯独特の黒いすじが見えないといった特徴もあります。

目立ちやすい前歯に使用することで、白く美しい表情を手に入れることができます。金属アレルギーの心配もなく、どなたにも安心の治療法です。

<オールセラミックのメリット>
・白く美しい歯を手に入れられる
・金属を使用しないため、歯肉の変色や金属の露出などがない
・金属アレルギーの方にもオススメ

<オールセラミックのデメリット>
・健康保険が適応にならない

セラミック2.セラミッククラウン
金属でできた"かぶせもの"の外部を、歯科用セラミックで覆ったかぶせものです。
金属部分は見えないため、見た目もきれいで、変色もほとんどせず、多くの患者さまがよく選択される治療法です。また、強度が高いことも忘れてはならないメリットです。

<セラミッククラウンのメリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない

<セラミッククラウンのデメリット>
・歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない
・健康保険が適応にならない

セラミックインレー3.セラミックインレー
"セラミックインレー"とは、歯科用セラミック製のインレー(つめもの)です。
従来の金属のつめものでは、目立ってしまうことに加え、金属アレルギーの問題も指摘されていました。しかし、白くて透明感のあるセラミックを金属の代わりにつめることで、それらの問題をクリアすることができました。

 

【ハイブリッドセラミック素材】白い"かぶせもの""つめもの"

歯科用のプラスチックに、セラミックの粒子が含まれているハイブリッド型の素材です。

セラミックと同様に、自然な歯の色調を再現することができます。基本的にはプラスチック素材のため、経年劣化をして変色を起こしたり柔らかいため破折を起こしたりしますが、比較的安価に製作できるのが特徴です。

<ハイブリッドセラミックのメリット>
・ 自然な歯の色調が表現できる
・ 生体親和性が高く、体にやさしく安全である
・ セラミックに比べ安価である

<歯科用セラミックのデメリット>
・ 経年劣化して、変色をする
・健康保険が適応にならない
・ セラミックに比べ、表面が粗いため汚れがつきやすい

1.ハイブリッドセラミッククラウン
ハイブリッドセラミック素材のクラウン。内部に金属が使用されている物になります。

2.ハイブリッドセラミックインレー
ハイブリッドセラミック素材のインレー。

 

【ラミネートベニア】歯の"ネイルチップ"

ラミネートベニア歯の表面を薄く削り、歯科用セラミックを貼り付ける治療方法です。
みなさんもよく使っているネイルチップ(付け爪)みたいなものを想像してください。歯の隙間をこのチップで隠すことで、"すきっ歯"の治療にも有効です。

<ラミネートベニアのメリット>
・歯を削る量が少なく、治療回数を減らすことが可能
・ホワイトニングに比べ後戻りがない
・すきっ歯などの小さな乱れを、矯正治療を行わずに短期に治すことができる

<ラミネートベニアのデメリット>
・歯を少し削る必要がある(約0.3〜1.5mm程度)
・健康保険が適応にならない

【小児歯科】お子さまを歯医者嫌いにさせない

【小児歯科】お子さまを歯医者嫌いにさせない

"子どもが歯医者を嫌がって、歯医者になかなか連れて行けない"という悩みを抱えているご家族の方はいらっしゃいませんか?当クリニックでは、"お子さまを歯医者嫌いにさせない"をモットーに、さまざまな取り組みを行っています。

このページでは当クリニックの小児歯科についてご紹介します。

<当クリニックの小児歯科の特徴>
お子さまに治療をちゃんと理解してもらう
乳歯の治療について
お子さまが喜ぶ仕掛け・キッズルーム

 

お子さまに治療をちゃんと理解してもらう

お子さまに治療をちゃんと理解してもらう"お子さまにとって、歯医者は知らない人がたくさんいる場所。大人でも嫌なものですから、お子さまが怖がるのも無理はありません。

当クリニックではそんなお子さまに対して、歯医者に慣れることから始めます。まずゆっくりとお話をして、歯磨きの練習を行います。また、イチゴやチョコ味の歯科用研磨剤や、ぶどう味やバナナ味といった子供が好きな味の歯磨き粉を用いて、美味しく歯のクリーニングを行っていきます。

上手にできたお子さまには、ガチャガチャができるメダルを差し上げています。気持ちよく帰っていただけると、大変だったけど、ご褒美がもらえるということを覚えてくれます。

"今まで歯医者で泣いていた子が、ここでは泣かなかった""歯医者に通うのを楽しみにしている"など、嬉しい声もたくさん。治療ノートも毎回記録してお渡しするので、保護者さまから治療の経過がわかりやすいとご好評いただいています。
 

乳歯の治療について

歯の治療は大人でも嫌なものです。
大人は我慢できることもお子さまにとっては大変なことなのです。
特に小さなお子さまの場合は、次の事に注意してください。

1)幼児の治療は、体調の良い午前中に受診することをオススメします。昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることがあります。

2)なるべく連れてくるための嘘はつかないようにしてください。かえって嫌がる原因になります。そのかわり治療の後はたくさん誉めてあげてください。

3)幼児は、歯科治療でいやがって泣いたり暴れたりすることがあります。汗をかく場合がありますので、特に冬場などは下着などの着替えを用意しておくと良いかもしれません。また治療中はTシャツなどの身軽な服装が良いでしょう。

4)治療前は、なるべくリラックスさせるように保護者の方が本を読んであげたり、キッズルームで一緒に遊んであげてください。

~乳歯の虫歯の治療~
虫歯が一番表層のエナメル質の部分だけであったり、その下の象牙質にわずかに入った程度であれば、虫歯の部分を削って、歯科用のプラスティック系接着レジンを詰めて治すことが出来ます。乳歯では、前歯にも奥歯にもこのレジンを使用することが出来ます。
しかし、虫歯が大きい場合は、歯全体を覆う金属を被せることもあります。

乳幼児期(0~3歳)
この時期は、初めてのことに何でも恐怖を感じます。
お子さまにとっては、治療のイスに座るだけでも大変なことなのです。
まずは、お子さまを抱っこして一緒に座りましょう。
痛みが出てしまい応急処置をする必要がある場合以外、虫歯があっても虫歯進行止めの薬をぬるなどで対処します。
また、歯ブラシの練習をしながら慣れさせていきます。

幼児期(4~5歳)
この時期になると、一人でも座れるようになれます。
そして、本格的な治療をすることも可能です。
なかなか怖くて出来ないお子さまでも、回数を重ねることでほとんどの場合、治療することが出来ます。

学童期(6~11歳)
そろそろ永久歯との生え替わりが始まります。
乳歯がグラグラしてきたり、永久歯が変な場所から生え始めたりと心配が多い時期でもあります。
定期的にメンテナンスに来ていただき、フッ素やシーラントなどのケアをやりましょう。
また、歯並びなど矯正に関することもこの時期にチェックされるといいでしょう。

~予防~
治療と同時に予防も更に大切です。
最初に検診を受けた年齢が低いほど、虫歯になる確率が低いというデータがあります。
初めて歯科に受診するのが7才以上になると、13才の時点で虫歯のリスクが倍以上になります。

 

お子さまが喜ぶ仕掛け・キッズルーム

お子さまが喜ぶ仕掛け・キッズルーム"歯医者さんがキライ、怖い、行きたくない"というお子さまに少しでも楽しく院内で過ごしていただけるように、キッズルームを設けました。このキッズルームは子供の遊びを提供する「ボーネルンド」に依頼をして、ライフデンタルクリニックのコンセプトにあった空間を提供してもらいました。

キッズスペースには、木の積み木や台所セット、絵本やぬいぐるみを設置。お子さまが何時間いても飽きないよう工夫を凝らしています。

ちなみに、当クリニックのスタッフはみんな子供が大好き。うまく子供たちと接しながら、楽しい空間を演出するように心がけています。そのため"お姉さんに会いにいきたい!"と、喜んで治療に来てくれる子も。ライフデンタルクリニックは、子供にやさしい歯医者さんを目指しています。

院内環境について詳しく知る

【2段階麻酔】無痛治療のための麻酔方法

無痛治療のための麻酔方法麻酔の"チクリ"を抑えるために
歯科治療では、痛みを抑えるために"麻酔"をかけます。しかし、"麻酔そのものが苦手"という患者さまも多いのではないでしょうか?

そこでライフデンタルクリニックは麻酔の際に、表面麻酔をおこない、麻酔針が最初に刺さる痛みそのものを解消します。表面麻酔とは、皮膚や粘膜表面の知覚を麻痺させるためにおこなう麻酔方法。患部に塗るだけでだんだんと歯肉の表面が麻痺していくので、麻酔針の"チクリ"がなくなります。

麻酔液注入の不快感を減らす
麻酔注射の際の痛み・不快感は、麻酔液の圧力によるものです。

そこで当クリニックではコンピューター制御による電動麻酔器を使用。事前に温めておいた麻酔液(体温に近いほど不快感が少なくなります)と極細の注射針を使い、一定の速度でゆっくりと注射液を入れていきます。そのため、患者さまに痛みや不快感をほとんど与えません。
 

10年先を見据えて、本当の意味で患者さまの利益になる治療を

虫歯を治すのではなく、虫歯になった原因を治す"とにかく早く、安く、治療を終わらせてほしい"という方は、多いのではないでしょうか。

このように患者さまの希望を叶える事は、確かに患者さまのためであるように思いがちですが、本当の意味での患者さまの利益になることは、治療した後をいかに良い生活ができるのかということです。

たとえば、虫歯を治療することは目的ではありません。食べ物を良く噛めるようにするために、痛みなく長く使えるようにするために、治療を手段として行うのです。ですから、ライフデンタルクリニックでは10年先を見据えて、本当の意味で患者さまの利益になる治療を心掛けています。

虫歯を治すのでなく、虫歯になった原因を治す事が、同じ事を繰り返さない長持ちさせる良い治療だと考えています。
 

【あなたのための最適な治療計画書】の作成

あなたのための最適な治療計画書歯医者さんに通っているときに"あと何回かかるのか""どのくらいの治療費がかかるのか"と気になったりしませんか?

ライフデンタルクリニックでは、最初に歯周病の検査や、1本単位から全顎単位までの虫歯や咬み合わせの問題点を検査します。治療法や素材の説明をした上で、あなたのための治療計画書を作成しております。通院回数や全体の治療費に関しても把握できますので、納得した治療が受けられます。

治療計画書とは、家作りでいう建築設計図と同じです。1本単位の治療ではなく、顔全体からのバランスや、顎機能など大きな枠組みから線を引いて、どのような咬み合わせを作るのか、どのように綺麗にするのかを最初にイメージしていきます。


2010年4月26日 « トップへ » 2010年8月11日


コールバック予約