«  2009年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2009年4月27日

こどもの日


ライフデンタルクリニックは、院長が海外での学会参加のため、
4月28日(火)~5月6日(水)まで休診とさせて頂きます

5月7日(木)は通常通り10時からの診療です。

連休明けのため、急患の方による混雑が予想されます。
予約制とさせていただいておりますので、お電話でお問い合わせのうえ、お越しいただくようお願いいたします。

(お席に空きがないと、せっかくお越しいただいても拝見できない場合もあります)

みなさまのご協力お願いいたします。
2009年4月24日

ライフデンタルクリニックです

大恐竜展
行ってきました"大恐竜展"
図鑑などで恐竜に付けられている色は想像だと言いますよね。
化石や骨などからは「色」はわからないからだということです。
もしかするとピンクとかクリーム色とかの、可愛い色だったかも知れないと思うとワクワクしました


常設展のほうも、久しぶりに(小学生以来)行ったので見ごたえがありました。
パワーアップしてました

常設展・地球館地下一階にある「トリケラトプス」の全身骨格は世界で最も、保存状態が良いと言われているそうです
トリケラトプスの全身骨格は、まだ世界で2体しか見つかっておらず、そのうちの一つだそうです
見る価値あり。
写真はティラノサウルスです。

剥製
あとは地球館三階の剥製が見事でした。
大人も大興奮の内容だと思いました
独特のヒンヤリとした空気が好きです。




動物だけでなく、人間の骨格などもあり、縄文時代人~現代人の顎の骨模型が展示してありました。
縄文時代の人も、歯の数は現代人と同じでした
しかし歯の形は、現代人と比べるとちょっと違っていました。
また、顎がしっかりとしていて、親知らずがキチンとしたスペースの中に生えていました。
現代人は顎が小さくなり、親知らずがギュウギュウで生えているか、横向きに生えてしまっている方が多くなっています

食生活の変化や環境の変化なのかなぁと思いました。
何百年、何千年後、人間の歯はどのような変化を辿っているのでしょうか?
噛まなくてもいいような食品が増え、顎がもっともっと小さくなり、歯の数が減ったりするのかなぁ?
2009年4月20日

ハートそう言って、カエちゃんがこの折り紙で作ったハートをくれました。
3つも繋がっている
すごい

いつもお母さんの治療中、弟くんのお世話をちゃんと見ているしっかりカエちゃん
「これ、作り方難しいから作ってあげるね」と、ハートをいっぱいつないでプレゼントしてくれました

ありがとうね
また遊ぼうね。
2009年4月17日

fa331090.gifこんにちは。ライフデンタルクリニックです。

思春期のころって歯ぐきも敏感なお年頃ってご存知でしたか?
最近、流れている花王のデンタルリンスのコマーシャルで、「小・中学生の約4割が歯肉炎」ということを言っていました
花王さんの↑サイトにて「歯肉炎危険度チェック」というものがありました。

①歯磨きの回数は一日一回以下
②一回の歯磨き時間は一分以内
③生え変わり途中で、永久歯が完全に生えそろってない
④口臭が強い
⑤口で呼吸をしている
⑥間食や、不規則な食事が多い
⑦甘いお菓子やジュース、スポーツドリンクをよくとる
⑧親の手を離れ、家庭でお口のチェックをしていない
⑨歯医者さんで定期的なチェックを受けていない

どうでしたか?
詳しくは花王さんのサイトから診断できます

友達づきあいや夜食などで間食が増え、親御さんの仕上げ磨きもなくなってくるお年頃
十分な歯磨きがされず、汚れが落としきれていないことが原因で歯ぐきが腫れ、出血などが起こる"歯肉炎"という状態になりやすくなってしまいます

その他の原因として、女の子は生理が始まるころから女性ホルモンの分泌が急激に増え、歯ぐきがちょっとした刺激にも敏感になり、歯ぐきが腫れやすくなります

どちらにせよ、「歯を磨くと出血するから磨かないでおこう」というのは逆効果です。
歯磨きをしないで汚れがたまれば、腫れて出血してしまいます。

まずは、キチンとした歯ブラシから
お父さん、お母さんはお子様の歯ぐきに異常が無いか、気をつけてあげてください

あとはチェック項目にもありましたが、定期的な歯科での検診がお子様をお口のトラブルから守る鍵になります
「親子で一緒に定期健診」というのはどうでしょうか?
2009年4月14日

こんにちは。ライフデンタルクリニックです

今日は私が好きなケア用品について書こうと思います。
私が気に入って、オープン当時から取り入れてもらっている「フロスちゃん」です
フロスちゃん
受付横のケア用品がある棚にあります

フロスは、歯と歯の間をお掃除する糸状の口腔ケア用品です。
それのお子様用の「フロスちゃん」
このズバリとしたネーミングもそうですが、ご覧いただいてお分かりのように、先の部分が「クマちゃん」の形になっているんです
かわいい~

お子様も楽しく虫歯予防ができるんじゃないかな~と思っています
2009年4月 9日

以前このブログでトリートメントコースについてご紹介しました。

歯の表面には歯ブラシのときなどについた、目には見えないほど細かい傷があります
そこに成分を補給し、歯の表面を修復してツルツルの状態にするのが"歯のトリートメント"です

イメージとしては、髪の毛に施すトリートメントと同じです

表面がツルツルになると、
★プラーク(細菌)がつきにくくなり、虫歯や歯周病の予防につながります
★お茶やコーヒー、ワインなどにとるステインがつきにくくなります
★プラークやステインをブラッシングで取り除きやすくなります
という効果があります。

「トリートメントコース」と合わせて使うと効果大なのが、このアパガードリナメル
画像

ご自宅でできる歯のトリートメントです
医院でのトリートメントで施されたツルツル感が長続きします
使い方は、普通の歯磨き粉と同じように使っていただくだけなので簡単
私も使ってま~す
2009年4月 6日

a468dff1.jpgライフデンタルクリニックの待合室には、血液型別 自分の説明書があります
院長が買ってきました



「A型は几帳面」
「B型は自分勝手」
「O型は大雑把」
「AB型は二重人格」

とよく聞きますが、血液型で性格が違う!と言っているのは日本や韓国、台湾などだけだそうです

一説によると『血液型で性格が変わりはしないが、血液型占いが主流になり、例えばA型の人は(自分は几帳面なのだ)と自己暗示にかけているので、それっぽくなっていく』とのこと。

そう言われてみれば、そうかもしれない・・・

私はA型なのですが、(自分は几帳面だ)と思ったことも意識したこともありません。
それ故によく初対面の方に
「血液型0型ですか?」と聞かれます。
「違います」と答えると「じゃあ、B型?」と聞かれ
「違うんです」と答えると、最終的には「え~?じゃあ何?」と聞かれてしまいます
私を見るとき、A型が選択肢に入っていないのでしょうか?疑問です。

ということは、「大雑把」で「自分勝手」っぽいと思われている
それはちょっとショックです

血液型が関係ないにしても、読んでみたら案外楽しいです
(あ~あるかも)と思えることもあり、思えないこともあり・・・
2009年4月 4日

dr
こんにちはライフデンタルクリニックです。

治療計画をお話しすると、よく患者さんから言われることが
え~(治療するのに)そんなに何回も通わなきゃいけないんですか~?」です。

ここは心を鬼にして申し上げます
何回も通わないと治らないくらい、放っておいたのだから治療に時間がかかってしまうのです
何回も通わなきゃいけないような状況を作り出してしまったのは、患者さん自身です。
私も学生時代は虫歯を放っておいて、何回も通うのが面倒だなぁと思ったことはありました。しかし、限界まで痛みを我慢して、そんな状況を作り上げたのは自分自身だなと、今は思えます。

私達は、通院を強要しているわけではありません。
「今のお口の中はこんな状態です。治すべきところはここです。」という情報を提供して、通うのか通わないのか決めていただくのは患者さんです
ただ、治さなくてはいけないところを放っておけば痛み出す可能性は高いですし、そのころには治療が大掛かりになってしまいます。
虫歯や歯周病は、風邪などとは違って放っておいても治りません
どんどん悪化していくだけなのです。

もっと早くに治療していれば、こんなに大掛かりな治療をせずに済んだのに・・・と思うこともあります

定期的にチェックをして、虫歯が小さいうちに治してしまえばすぐ終わるので、時間もかかりません。
ご自身で何らかの症状を感じていなくても、問題が潜んでいる場合もありますので、定期検診は欠かせません

歯医者さんは、意地悪で長く通わせているわけではないのです。
なるべく小さい治療で済む間に、処置をしたほうがいい と思っているんですよ~



sakura
今日あたり、桜も見ごろなんですかね~
外に出たいです

« 2009年3月 | メイン | 2009年5月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ライフデンタルクリニック 院長 富施博介

ライフデンタルクリニック
院長 富施博介

ライフデンタルクリニックの一番の強みは、専門知識を持ったスタッフたちによるチーム医療です。 従来のようなドクターのトップダウン式治療アプローチではなく、複数のプロフェッショナルが関わることで、それぞれの専門分野から患者さまにアプローチができるのが特徴です。

質のよい医療と幅のあるサービスを提供するために。当クリニックではチーム一丸となって、患者さまをサポートし続けることをお約束いたします。