«  2016年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年9月 9日

building-blocks_zJr5VNcO.jpg
ちょうど上の前歯に隙間が空いてしまうと、気になりますよね。

他の歯がピタッと合っているのに、目立ってしまいます。

そこで、簡単な治療で簡易的に治せるので、解説しますね。



治療法は「コンポジットレジン」という材料を使います。
スクリーンショット 2016-09-09 10.57.43.png

このように流動性のある材質で、専用の光を照射することで固まります。

スクリーンショット 2016-09-09 10.57.55.png
色も多くあるので、その人の歯に合わせた色を使用します。

ちなみに、このコンポジットレジンは、経年的に劣化すると変色します。
また柔らかい材質なので、かけてしまったりするのです。
もし、歯の前面を綺麗にキープさせたいのならば、セラミックの治療をお勧めしています。

それでは、実際の治療例です。
2016年9月 2日

AdobeStock_35920047 [更新済み].jpg

台風ラッシュで、天候が大荒れの日々が続いております。

その中で主訴として多いのが、

『奥歯が痛い!!!

とにかく虫歯なのか、ずーと痛いんです。

痛みがひどすぎて頭痛までしているんです。』



そして、実際に検査してみると、虫歯は発見できず。

他の歯医者では、怪しい歯の治療や、神経を取る治療をするなどの対処をすることがあります。



実は原因として可能性が高いのが、
噛み合わせと歯ぎしり・食いしばりのW効果による痛みなのです。

簡単に言うと

① もともと噛み合わせが悪い

② 気候の変化などで体にストレスがたまり、就寝中の歯ぎしり・食いしばりが強くなる

③ 噛み合わせで強く当たる歯が、より強く負担がかかってくる

④ 痛み出す!


これがよく起きるのが、両サイド一番奥の歯です。

強く歯ぎしり・食いしばることで、筋肉を使うので筋肉痛になる。

この筋肉痛が頭痛となります。

(ちなみにこの筋肉は側頭筋です)




治療・対策としては、

噛み合わせの調整とマウスピースを使用してもらうことです。

噛み合わせの調整は5分程度。

マウスピースは型取りして、次回お渡しします。

痛みが強い場合は、即席のマウスピースをお渡ししたり鎮痛剤の投薬などを行います。






DSC06123.JPG


ちなみにですが、

ライフデンタルクリニックのマウスピースは、専属の技工士が作成しています。

いろいろな色で作成することも可能なので、お好みの色を選んでくださいね。

一番人気は、青です(笑)


気になる方は、ご連絡をお待ちしております。

ライフデンタルクリニック
電話 044−740−0880
「歯が痛い」でご予約をお取りください。

« 2015年11月 | メイン | 2016年11月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ライフデンタルクリニック 院長 富施博介

ライフデンタルクリニック
院長 富施博介

ライフデンタルクリニックの一番の強みは、専門知識を持ったスタッフたちによるチーム医療です。 従来のようなドクターのトップダウン式治療アプローチではなく、複数のプロフェッショナルが関わることで、それぞれの専門分野から患者さまにアプローチができるのが特徴です。

質のよい医療と幅のあるサービスを提供するために。当クリニックではチーム一丸となって、患者さまをサポートし続けることをお約束いたします。